2020年08月18日

トルコ、黒海沿岸に住むヘムシン人の変わったスカーフの結び方。

暑い日が続いていますが、お元気ですか?
私は、、、毎年の事ですが、バテてます。。。
特に今年は暑いですよね〜〜
先日はお隣の浜松市で国内最高気温記録タイの41.1℃だったそうで、びっくりです。

さて、そんな中、友人から「ターバンデビューしたい」というリクエストがありました。

私、最近外出時にはいつもスカーフを頭に巻いてますので、とてもタイムリー★
写真 2020-07-13 13 08 39.jpg 見づらい写真ですみません
しかもいまは、リクエストに近い、いわゆるターバンぽい巻き方をしています。
伸び気味の前髪を上げておくのにも、汗をとめるのにも、放置気味のインナーカラー(髪の内側下半分だけブリーチ&カラー)も、染めるのをやめた白髪を隠すのにも便利なんです(笑)。

私が参考にしているのは、黒海地方に住むヘムシン人達の巻き方。
karadeniz-hemsin02-3.jpg ヘムシンの人々の民俗衣装。スカーフ2枚重ね巻き!

ヘムシン人はイスラム教に改宗したアルメニア人の子孫と言われており、黒海沿岸のリゼ県のヘムシンとチャムルヘムシンに多く住んでいます(その他、北東アナトリアに少々)。
出自はアルメニアじゃなくてトルクメンだという説もあるそうなのですが、その記事元のトルコのサイトが急にアカウント停止になっていたので再確認が取れませんでした。。。
ですが、しゃべるのはアルメニア方言らしいので、アルメニア系なんじゃないのかな〜という気もします。


Google-マップ.jpg
リゼはここ。お茶(紅茶)の産地としても有名。

実は、黒海沿岸自体が独特のスカーフ2枚巻きをします。

例えばトラブゾン
karadeniz-trabzon.jpg 
下のスカーフの角の三角形を額に垂らします。

ヘムシンの人々はさらに独特。
hemshin-pusi.JPG
2枚目を前でクロスさせ、後ろに戻して結びます。
この2枚目のスカーフを特に「ヘムシン・プシスィ Hemşin Puşisi(=ヘムシンのスカーフ)」と言い、かなり大判のスカーフを使うことが多く、伝統的にはシルクのろうけつ染めのような柄のようです(トルクメンで今使われている大判スカーフ=ヤシュマックと同じ感じです)。
1枚目はトラブゾンのように額に垂らすこともあれば、普通のトルコ人同様に巻いていることもあります(←この場合、2枚目を取ってもそのままお出かけ可能)

巻き方は以下の図を参考にしてみてください。

【1枚目】
karadeniz-hemsin02-1.jpg
ここでは大判一枚をくしゃくしゃっと適当に持ってかぶせて巻いていますが、人によっては三角形に折りたたんで、普通に角を後ろに垂らすようにかぶり、ピンで顎下を留めた後に後ろの三角形一枚をぺらっとめくって前に戻して額に垂らすこともあります。

【2枚目】
karadeniz-hemsin02-2.jpg
スカーフを畳んだ「わ」が下になるように頭にかけると、前に来る部分でも「わ」が手前になるのできれいです。
交差させてから★の部分をしっかりおさえて、片手に持たせるようにして●を折り上げ、そのあとに■を折り上げるとスムーズかなと思います。
最後は後ろで結び、端は垂らすか、邪魔なら蝶々にして短くします。

*****

私はもちろん1枚目を省いて、2枚目のみ巻いてます(笑)
スカーフのサイズは1メートル四方くらいが巻きやすいですが、多少小さくても(大きくても)後ろに垂らす部分の長さが変わるだけなので、なんとでもなります。

ぐるんと絡めてから(後ろで結んでからでも)、■のほうを下に、●のほうを上にずらして幅広くすると交点がなだらかになります。そうするとヘアバンド風になり、あまり目立たないので、「スカーフを頭に巻くとか、慣れてなくて恥ずかしい…」と思う方はこちらをオススメします。
あと、薄めのスカーフを使うと良いと思います。

逆に盛りたい時は、重ねた布をずらす幅を狭くするとボコッと出っぱります。
細めに折ったり(厚みが出る)、厚い布を使っても盛れます。
・・・が、「アフリカの人?」みたいになるので、平たい顔族代表の私には着こなしが難しいため、大体平らにしています(^_^;)

オヤがいっぱいついたスカーフをこうやって巻いても可愛いので、是非お試しください!
その時は畳むとき、しっかりオヤが見えるように畳むと良いですよ。

------------------------------------------------

Çeyiz/Cheyiz(チェイズ)
ウェブサイト
ダウンロードレッスン
Instagram
ネットショップ(BASE)
お問合せフォーム

------------------------------------------------
posted by Chihiro at 10:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ┗ 民族舞踊
この記事へのコメント
わー!
私も今すぐやりたい!
クルマん中なので、
夜帰ったら、
デカめのスカーフ引っ張り出して
やってみます!
本当にありがとうございます
やったら報告しますね!
ハートハートハート
Posted by まり子 at 2020年08月18日 17:58
さっそくやってみました!
ターバンと言うとハードル高そうですが、
ヘアバンドと思えば気楽に出来そうです。
たまたま長方形のスカーフがあったので、
それでやってみたんですが、
初心者にちょうど良かったです!
とりあえずはこれで犬の散歩に行ってみることから初めてみます!
ありがとうございました
Posted by まり子 at 2020年08月19日 01:37
長方形のほうが巻きやすいかもしれないですね(^^♪
しかも、似合うと思います!!
是非色々巻いてみてくださいねー。
Posted by Chihiro at 2020年08月19日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187815893
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック